心理カウンセラーの必要性

心理カウンセラーとは、人の相談にのったり、悩みを聞き、専門的なアドバイスをする仕事です。近年、一人で悩みを抱えている人は増えてきています。心の病気は、とても深刻な病気です。薬だけでは、治らないことも多いです。深刻な悩みがあっても、家族や友人に相談できないことも多いです。心配かけたくないというおもいや、知られたくないという気持ちもあります。しかし、心理カウンセラーであれば、そうした心配もなく全てを話すことができます。聞いてもらえるだけでも、心が救われます。落ち着き、気持ちが楽になります。心理カウンセラーは人の話に耳を傾け、人の役に立つ仕事です。どんどん、需要は伸び続けています。多くの人に必要とされています。医療機関だけでなく、教育機関でも、最近は必要とされています。人の気持ちが分かる、優しい人が向いている仕事です。

心理カウンセラーの仕事内容とその役割

心理カウンセラーという仕事は、悩みを抱えている人の話を聴き、問題の解決のために一緒に考え、アドバイスすることによって、その人に最適な解決方法を見つけることが主な仕事になります。精神科医と似ているところがありますが、具体的な治療行為は行わず、悩みの相談にのることによって、多種多様な悩みに対応することが中心です。心理カウンセラーには、様々な分野におけるカウンセラーが存在します。例えば、転職や就職、仕事における適性などで悩む人を対象とするキャリアカウンセラー、小中学校などに勤務し、いじめや不登校などの教育現場での問題を解決するために、生徒や保護者、教師を対象とするスクールカウンセラーなどがあります。どのような分野でも相談者は自分の悩みをじっくりと聞いてもらうだけで、気持ちが軽くなり、問題に対して前向きに取り組めるようになるため、心理カウンセラーは、基本的には話の聞き役に徹して、相談者自身の自己解決できるようにサポートする役割を果たします。

教育現場で活躍する心理カウンセラーとは

最近の教育現場は、様々な問題を抱えています。そして、いじめや不登校、あるいは家庭内暴力などの教育に関わる問題に対して、学校側としても対応しきれない状況になってきています。そういった学校における様々な問題に対して、心理カウンセリング業務を行うのが、スクールカウンセラーという仕事です。これは心理カウンセラーの一種で、具体的な医療行為などは行わず、悩みを抱えた子供に対するカウンセリングをメインに行います。更に教育機関と連携して、学校で起きる諸問題の解決に取り組むケースも増えてきています。このスクールカウンセラーという仕事は、カウンセリングに関する専門的な知識や資格を持っている人が担当するのが一般的です。例えば、臨床心理士や精神科医などです。特に、現状のスクールカウンセラーは、臨床心理士が大半を占めています。今後、複雑化が予想される教育問題に対応するため、スクールカウンセリングを担う資格も拡大していくことが考えられるでしょう。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)